産後のバストアップクリームの成分に期待できる効果

産後のバストアップクリーム 画像

産後に垂れてしまったバストを理想のバストラインへと

導いてくれる産後のバストアップクリーム。

 

この産後のバストアップクリームには様々な成分が
含まれており、成分ごとに期待できる効果が異なります。

 

ここでは産後のバストアップクリームに含まれる
代表的な成分と期待できる効果についてご紹介します。

 

 

バストアップに効果的とされる代表的な有効成分

 

<プエラリア>

近年そのバストアップ効果が注目されているプエラリアは、
タイの山間部に生えている植物から採取される成分です。

 

現地の一部地域では古くから食用として親しまれており、
その植物を食する現地の女性のスタイルが良いことに注目した
研究者によって、プエラリアの根にバストアップ効果のある
エストロゲンという成分が含まれていることが解明されています。

 

エストロゲンには女性ホルモンと同じ作用があり、
体内に取り入れることで女性ホルモンを活性化して
バストアップ効果を発揮するとされています。

 

女性ホルモンと同じ作用のある成分としてこれまで知られて
いたのが大豆イソフラボンですが、プエラリアは大豆
イソフラボンの約40倍ものエストロゲンが含まれており、
近年ではバストアップケア商品の多くに含まれています。

 

 

<大豆イソフラボン>

女性ホルモンを活性化し、バランスを整える作用に優れている
ことから更年期対策や美容に良いとされる大豆イソフラボンには、
バストアップ効果のある植物性エストロゲンが含まれています。

 

植物性エストロゲンには乳腺を発達させて脂肪を
蓄える作用があり、体に取り入れることで自然と
バストアップへと導いてくれる成分です。

 

大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳など大豆製品に
多く含まれるので、ぜひ積極的に食べることをおススメします。

 

 

<ボルフィリン>

ボルフィリンはユリ科の植物・ハナスゲという植物から抽出される
成分で、バストアップ効果が高いことで注目されています。

 

ボルフィリンにはバストの脂肪細胞を分裂させて
増やす作用とその脂肪を蓄積する作用に優れており、
この2つの作用によってバストアップへと導きます。

 

ボルフィリンという成分名は、成分の開発元である
フランスの化粧品メーカー「セダーマ」が名付けた
もので、ボルフィリンの他に「ハナスゲ根エキス」
という成分名で表記されている商品もあります。

 

 

<ワイルドヤム>

ワイルドヤムは熱帯または亜熱帯地域で生息するハーブです。

 

ワイルドヤムには女性ホルモンの働きをサポートし、
バストアップの他に更年期障害や生理時のPMSに対し有効とされ、
さらに生活習慣病のリスクを下げる効果もあるとされています。

 

近年では熱帯・亜熱帯地域だけでなく様々な地域で
栽培されていますが、様々な条件が揃わないと上手く
育たないことから貴重な成分となっています。

 

 

<美肌&アンチエイジング成分>

産後のバストアップクリームには、バストアップ効果や
バストラインを整える成分の他に美肌効果やエイジング
効果が期待できる成分が含まれる商品もあります。

 

ヒアルロン酸をはじめ、プラセンタ、コラーゲン、ビタミンC、
アスタキサンチン、ペプチド、アルブチンなど、肌に潤いやハリ、
弾力、透明感などを与えて美しいデコルテラインへと導きます。

 

バストアップ効果意外に美肌効果も求める場合には
こういった成分も含まれている商品がおススメです。